1. 体育大学ナビ  トップページ >
  2. 体育大学出身者が活躍する仕事
体育大学から巣立つgraduate
出身者の多くが就職先として選ぶ『スポーツ』×『○○○』

世の中には様々な仕事がありますが、体育大学の出身者は、その多くがスポーツに関わる仕事に就いています。どのような職業があるのか、いくつか例を見てみましょう。

『スポーツ』×『学校』

保健体育の教員として、中学校や高校などでスポーツのプロとして生徒を教育する仕事です。保健や体育の授業はもちろんのこと、生徒指導や放課後のクラブ指導も活躍の場。体育大学で学んだ知識を、まさにそのまま活用することができる就職先です。スポーツを通じて、ときには生徒たちの人生に大きく影響を与えることもある、非常にやりがいのある仕事です。

『スポーツ』×『指導』

スポーツインストラクターやスポーツコーチなど、様々な人々にスポーツを指導する仕事です。自ら実際に手本を見せるなど、持ち前の体力やクラブ活動のチームで得た教訓、体育大学で学んだ知識を応用できる就職先です。スポーツを通じた健康の増進はもちろんのこと、あらゆる年代に幅広くスポーツの楽しさを伝えることができる仕事です。

『スポーツ』×『用品』

スポーツ用品に関わる仕事です。実際にスポーツ用品を作る企画・製造、スポーツ用品を市場に出す流通・営業、スポーツ用品を売る店頭販売など、その職種は様々。時代背景や流行によって、次々に新製品が開発されるスポーツ用品は、毎日のように進化しています。より良いスポーツ用品を世の中に広め、スポーツで社会を豊かにすることができる仕事です。

『スポーツ』×『施設』

スポーツ施設に関わる仕事です。実際に施設を作る企画・建設、施設の管理・運営など、その職種は様々。最近では、法整備により公共のスポーツ施設も民間企業が管理できるようになり、仕事帰りの人々のための深夜営業、子供の安全な遊び場の企画・提供など、スポーツ施設の充実が注目されています。スポーツを通して町づくりに参加できる仕事です。

『スポーツ』×『報道』

スポーツに関する出来事を広く世の中に知らせる仕事です。原稿を作成するライター、撮影するカメラマン、記事を出版する仕事、映像を編集する仕事など、その職種は様々。最近では、紙やテレビだけでなく、インターネットを使用した報道もあり、その方法は広がっています。たくさんの人々に、スポーツの魅力を伝えることができる仕事です。

直接的にスポーツに関わる仕事ではありませんが、スポーツの経験や知識、身体能力を活かす仕事においても、多くの出身者が活躍しています。

『平和』×『スポーツ』

警察官、消防官、自衛官など、社会の平和に貢献できる仕事です。持前の体力とチームワークを活かすことができます。

『既存商品』×『スポーツ』

消費カロリーや走行距離を計算する携帯電話や健康や体力の向上を目的とした運動ができるゲームソフトなど、もともとはスポーツに関係のない商品でも、スポーツを組み合わせたサービスが次々に生まれています。斬新な発想やアイデアをもとに新しいスポーツビジネスを生み出すことが、体育大学の出身者に期待されています。

ページトップへ戻る

弓道/学校関連への就職 バスケットボール/用品関連への就職 体育館/施設関連への就職